ゴルフレッスンは受けるべき? ゴルフレッスンのメリットデメリットからの考察

ゴルフレッスンのメリットデメリット レッスン

ゴルフが上手くなるためには自力で練習する方法とゴルフスクールでレッスンを受ける2つの方法があります。
自力で頑張って練習して上手くなりたいという人、反対に、ゴルフレッスンを受けて上手くなりたい人もいるでしょう。

ゴルフレッスンのメリットデメリットを知ることで自力で練習するべきかレッスンを受けるべきかが分かります。
今回はみなさんが考えるであろう3つの疑問について答えていきます。

ゴルフレッスンのメリットは何ですか?
ゴルフレッスンのデメリットは何ですか?
結局ゴルフレッスンを受けた方がよいですか?

naober
naober

みなさんこんにちは!ゴルフブロガーのnaoberです。

私は高校時代から父親の影響でゴルフを始めました。
はじめは父に教わりながら、打ちっぱなしに通い、徐々に面白くなって1人で練習にいくようになりました。


ゴルフと同じころにテニスとスキーもはじめ、スキーやテニスはスクールでレッスンを受けました。
スキーやテニスの上達は早く、その後、インストラクターになりました。
スキーは当時は難しかったSAJ1級を有名スキー場で取得し、テニスはテニスコーチが参加するレベルの草大会で優勝できました。

ゴルフは我流だったせいか伸び悩み、年数を重ねても、良くて90台前半、悪くて100オーバーと安定しませんでした。
我流でゴルフをやる中で自力でのレベルアップに限界を感じ、現在はゴルフレッスンを受けています。
ショットに安定感がでてきて、スコアが少しずつ良くなっています。

こんな私が解説していきます。

この記事を読むとゴルフレッスンを受けるべき理由がわかります。
ゴルフが上手くなるために自力で頑張ろうか、レッスンを受けようか悩んでいる人は是非参考にしてください。

ゴルフレッスンのデメリット

ゴルフレッスンを受けたいと思っている人にとってゴルフレッスンのデメリットは大きな問題ではないかもしれません。
しかし、デメリットも確認したうえでゴルフレッスンを受ける受けないを判断しましょう。

お金がかかる

ゴルフレッスンのお金
ゴルフレッスンを受けるのにはお金がかかります。
ゴルフスクールによって金額設定は様々でグループレッスンであれば月額1万円前後とリーズナブルに習うことができます。

ゴルフは練習に行くだけでもお金がかかります。
練習に行くだけで少なくても1回1,000円以上はかかります。
そのため他のスポーツに比べるとコスパはよいとは言えません。
しかし、これだけゴルフ人気が高いのはお金を出してもやりたくなる魅力があるからです。
自分の出せるお金をしっかり考えてゴルフスクールを選ぶことが重要です。

初めてゴルフスクールに通う場合はできるだけコスパの良い、通い放題のスクールなどがおすすめです。
初めから金額の高いゴルフスクールで習って、自分に合わなかったら無駄になってしまいます。

無料体験レッスンや低額体験レッスンをいろいろと受けてみてコスパを考慮しつつ、ゴルフスクールを選びましょう。

レッスンに通うのが金銭的に厳しい人はYouTubeなどのゴルフレッスン動画を活用して練習するのがおすすめです。
ゴルフレッスン動画で学習する場合はいろいろな人の動画を観ずに、1人のレッスンプロの動画を観るようにしましょう。

すぐに上手くなるとはかぎらない

ゴルフレッスンの上達度
ゴルフレッスンを受けたからといってすぐに上手くなるとはかぎりません。
誰しもゴルフレッスンを受ければ上手くなっていきますが、人によって上手くなるスピードが違うからです。

コーチの言ったことからコツをつかんですぐに上手くなる人もいれば、コーチの言ったことを上手く表現できずになかなかうまくならない人もいるのです。

子どもの頃、なんとなく足が速かったり、ボールが投げられたりすると自分は運動が得意だと思って継続して運動をします。
継続して運動するから上手になっていくのです。

一方、子どもの頃、運動が苦手だと思ってしまうと、運動をしなくなり、
やらなければ上手くならないので大人になっても運動が苦手のままなのです。

ゴルフレッスンも同様に、運動経験が浅く自分が運動が苦手だと思っている人はすぐには上手くならないかもしれません。
しかし、五体満足であれば遅かれ早かれ誰でも続けていれば上手くなるのです。

他の人と比べて自分は上手くならないと考えてしまう人がいます。
他の人と比べずに、自分の以前のスイングを振り返り、あの時よりは上手になった、あの時できなかったことができるようになったと考え、スモールステップで取り組むことが重要です。

時間にしばられる

時間
ゴルフレッスンを受けるためには時間を確保する必要があります。
自分で練習するときは、自分のペースで自分の好きな時間に取り組めますが、ゴルフレッスンを受ける場合はある程度時間にしばられます。

日々の生活の中でゴルフレッスンにあてる時間がたくさんある人はよいのですが、時間がないけどゴルフレッスンを受けたい人は工夫が必要です。

日々の生活の中で時間の使い方を見直し、やらなければならない活動をできるだけ時短で行うようにしたり、できるだけアクセスの良い場所のゴルフスクールを選ぶようにしたりしましょう。

ゴルフスクールに通うとゴルフスクールに行く時間だけでなく、ゴルフの練習に行く時間も確保する必要があります。
ゴルフスクールに通っているだけでは上手くなりません。
教わったことを反復練習する時間が必要なのです。

時間に余裕がない人はゴルフレッスンにかかる時間、ゴルフの練習にかかる時間を踏まえて、ゴルフレッスンを受けるか否かを考えましょう。

スコアに直結するとはかぎらない

スコア直結
ゴルフレッスンを受ければ、上達のスピードは人によって違いますが、誰しも上手くなっていきます。
しかし、安定したショットが打てるようになっても、それがスコアに直結するとはかぎりません。

コースレッスン以外のレッスンは打席の中という狭いスペース、環境で行うのでショットの再現性が高くなります。
マットがあるとふりぬく方向がわかりやすくなります。
まっすぐ狙うのも目標が近くにあるので簡単にできるのです。

しかし、ゴルフ場ではそういうわけにはいきません。
マットがないのでふりぬく方向がわかりづらくなります。
まっすぐ打ちたくても目標設定が難しいのです。

ティーショット以外は高低差があったり、ラフであったりと毎回ショットを打つシチュエーションが違います。
グリーン上も打ち方を習っただけでは距離感はつかめません。

スコアに反映させるためには、ラウンドレッスンを受けたり、繰り返しラウンドして経験を増やしたりする必要があるのです。

コーチとの相性が合わないことがある

相性

上手くなりたくてゴルフレッスンをスタートしても、コーチと相性が合わないことがあります。
ゴルフスクールの教え方にはマニュアルがあり、それに従ってレッスンをしているので、どのコーチに教わったとしてもレベルアップにそれほど差はありません。
人気の有名プロにレッスンを受ける場合を除けば、誰に習っても大きな差はないのです。

しかし、人には合う合わないという相性があります。
この人の言葉は聞いてて心地よい、あの人の言葉は同じことを言われていても気になってしまうという経験があると思います。

ゴルフレッスンでも同じようなことがあります。
このコーチには少し厳しめに言われても全然平気、あのコーチに言われるとなんか気分が悪いなんてことがあるのです。

相性が合う合わないはゴルフレッスンを受けてみないとわからないので、レッスンを受けて判断す必要があります。
コーチとの相性が合わないと判断した場合は、違うコーチに教わるようにしたり、他のスクールに移動したりするなどの工夫をしましょう。

土日はレッスンを受ける人が集中しやすく予約がとりづらい可能性あり

ゴルフレッスン予約

ゴルフスクールのレッスンは平日を含め、年中無休でやっているところが多いですが、自分が休みの日に受ける人が多く、土日に集中しやすくなります。
多くの人が土日にレッスンを受けようとするので、自分のレッスンを受けたい曜日、時間に予約が集中し、レッスンを受けられない可能性があります。 

スクールによって集中しやすい曜日や時間帯が違うので、気に入ったスクールを見つけたら自分の受けたい曜日や時間帯の予約のしやすさを確認しておきましょう。

ゴルフスクールの選び方がわかりづらい

わかりづらい

ゴルフレッスンには集団で行う、グループレッスンや個人で行うマンツーマンレッスン、ゴルフ場で行うラウンドレッスンなどいろいろなものがあります。
その中で、自分がどのようなレッスンを選ぶべきか、選んだ方が良いのかがレッスンを受けたことがない人にはわかりずらいものです。

そんな人へのおすすめは、体験レッスンをいろいろと受けてみることです。
体験レッスンを受ければそのスクールの教え方や雰囲気がある程度分かります。
その中で自分に合っていると思うゴルフスクールを選べばよいのです。

体験レッスンだけで判断できなかった人は、少額で受けることができるグループレッスンから始めましょう。
金銭的な負担が少なくゴルフレッスンの雰囲気をつかむのに最適です。

ゴルフレッスンのメリット

ゴルフレッスンのメリットはたくさんあります。
いろいろなメリットを知ることでゴルフレッスンの重要性や必要性がわかります。
自分にとってのメリットは何か考えてみましょう。

身体を使ったスイングができる

身体を使ったスイング

ゴルフレッスンを受けずに我流で練習すると大半の人は手打ちになります。

他の球技と違いゴルフは止まったボールを打つので手先で扱いやすくレッスンを受けていないと結果的に手打ちになるのです。

ゴルフレッスンでは手先を使わずに、身体全体を使ったスイングを教えてくれます。
手先を使いそうになったときにはそうならない方法も教えてくれるのです。

ゴルフレッスンを受けた方が手打ちにならずに身体を使ったスイングが身につく可能性が高いのです。

上達が早い

ゴルフレッスンを受けずに我流で練習すると大半の人は手打ちになります。
手打ちから脱却するために試行錯誤をして徐々に身体を使ったスイングができるようになっていくのです。

人によっては手打ちから脱却できずに、そのまま手打ちでゴルフを続ける人もいます。
それだけ、手打ちから身体を使ったスイングにかえるのは難しいのです。
ましてや、誰のレクチャーも受けずに自分だけで手打ちをなおすのは至難の業です。
そのため、我流の人は上達にかなりの時間がかかるのです。

ゴルフレッスンを受けると手打ちになる可能性が低いので、順調にレベルアップしていきます。
個人差はありますが我流に比べてゴルフレッスンは上達が早いと言えるでしょう。

スランプになりにくい

スランプ

我流でシャンクが出始めると、それをなおすのはかなり大変なことです。
自分の考えだけ修正するのはかなり時間がかかり、スランプに陥ることもあります。

ゴルフレッスンを受けていれば、コーチが自分のスイングの特徴を理解しているので、治すポイントを示してもらうだけで簡単に治る可能性が高く、スランプにはなりません。
自分だけの感覚ではなく、第三者に客観視してもらうことがスランプにならないためには重要なのです。

我流でやっていると変な癖がついて、それがスランプの原因になることもあります。
ゴルフレッスンを受けていれば変な癖も付きにくく、癖がつきそうになっても修正してくれるのです。

自分に合った道具がわかる

我流でゴルフをやっていると自分の感覚でゴルフクラブを選ぶことになります。
ゴルフ販売店で適正なゴルフクラブをセッティングしてもらうことができますが、その日のスイングで判断してのセッティングなので十分とは言えません。

一方、ゴルフレッスンを受けていれば、コーチがスイングの特徴を把握したうえでゴルフのセッティングについてアドバイスしてくれます。
そのため、今の自分に合った道具を間違えずにチョイスできるのです。

ゴルフクラブには重さや、シャフトの種類、しなるポイントなどたくさんの条件があるいので素人がセッティングするのはとても難しいことです。
自分にフィットしたクラブセッティングができれば、安定した再現性の高いショットを打てる可能性が高くなるのです。

仲間ができる

ゴルフ仲間
ゴルフレッスンでは仲間を作ることができます。
同じような悩みを共有したり、切磋琢磨しながら上手くなっていったりするので友達になりやすいのです。

友達ができれば、コンスタントにラウンドに行けるようになるでしょう。
コンスタントにラウンドに行くことができれば、上達も早くなるのです。
ゴルフは老若男女が長い期間にわたり楽しめるスポーツです。
ゴルフレッスンで仲間を作ることができれば、末永くゴルフを楽しめるのです。

短時間で基礎をマスターできる

初心者が基礎を身に着ける場合、我流だと動画をみたり、本を読んだりする必要があります。
しかし、初心者はゴルフの知識が全くないので何が基本なのか何から学ぶべきなのかがわかりません。
自力でいろいろリサーチして基礎を学ぶにはとても時間がかかるのです。

ゴルフレッスンを受ければゴルフを熟知したコーチが的確に基礎をレクチャーしてくれます。
そのため、短期間で基礎や基本を身に着けられるのです。

足腰を痛める危険なスイングになりにくい

我流でスイングを作ろうとすると、スイング全体のバランスが悪くなりやすく、肘や肩、腰などに負担がかかり、足腰を痛める可能性があります。

ゴルフは老若男女が楽しめるスポーツですが、けがのリスクが高いスイングだと長い期間取り組めなくなるかもしれません。
ゴルフレッスンはスイングのバランスを整え、足腰の負担を少なくしてけがを予防してくれるのです。

疑問が早く解決できる

いろいろな情報がインターネット上にはたくさんあり、ゴルフをやっていて疑問に思ったことを解決できます。
しかし、その情報があっているかどうかはわかりません。
自分の疑問を解決するのに時間がかかったり、解決できないこともあったりします。

ゴルフレッスンはコーチが自分のスイングの特徴を理解しているので、疑問に対して的確なアドバイスをしてくれます。
疑問が早く解決でき、正解を導き出してくれるのです。

モチベーションが保ちやすい

興味をもってはじめたゴルフであっても、上手になるまでにはある程度の時間がかかります。
順調に上手くなっていけばモチベーションを保つことができますが、順調に上手くなっていくとはかぎりません。
いったん調子が悪くなると、モチベーションが下がりせっかくはじめたゴルフをやめてしまうこともありえるのです。

ゴルフレッスンでは、的確なアドバイスが得られ、順調に上手くなっていきやすかったり、周りの生徒から刺激を受けたりと、モチベーションを保ちやすいのです。

仕事で活かすことができる

仕事

昔ほど接待などでゴルフをやることは少なくなっていますが、今でも会社関係の人とゴルフをして交流を深めることがあります。

ゴルフはラウンドしながらコミュニケーションを多くとることができるので、接待などに多く使われているのです。
そのため、職種によっては仕事の延長でゴルフをやる機会があり、ある程度ゴルフができると仕事をする上でプラスになるのです。

修正点や弱みを見つけてくれる

我流でゴルフをやる場合、ある程度まっすぐ飛ぶようになれば、それが正解と考え、そこからスイングに修正を加えることがほとんどありません。
修正しようとするとスイングが崩れ、スコアが悪くなったり、まっすぐ飛ばなくなったりするので、打ち方をかえるのはとてもハードルが高いのです。

ゴルフレッスンでは、コーチがスイングの特徴をしっかりと観察し、修正点や弱みを見つけ自分に合ったスイングに導いてくれるのです。

ゴルフレッスンを受けるべき?自分で練習するべき?

ゴルフレッスンのデメリットの中で一番大きいのはお金がかかることです。
ゴルフを自分で練習するにせよゴルフスクールに通うにせよ、どのようになところにお金を使って上手くなっていくかを考えることが必要です。

自力での練習はお金がかからないと考える人が多いと思います。
しかし、いろいろなところで必要以上にお金を使う可能性があるのです。

例えば私の父は加齢とともに距離が落ちて、何とか遠くへ飛ばしたいとドライバーを何回も新しいものに変えています。
「新製品ドライバーはプラス○○ヤード」という言葉に弱い人はたくさんいます。
そこに魅力や期待を感じ何度も買い替えてお金をたくさん使ってしまうのです。

例えば私はゴルフ練習場で急なシャンクがよく出ていました。
シャンクが出るとその原因を探るために何度も何度もボールを打ちます。
たくさんのボールを打ってシャンクが解消されれば良いですが、必ずしもそうではないのです。
あーでもない、こーでもないとボールを打っているうちに球数が増え、必要以上にお金をかけてしまうのです。

一方ゴルフレッスンはどうでしょうか?
身体を使ったスイングを身につけられるので加齢とともに飛距離は落ちずドライバーを頻繁に買い替える必要がありません。
ゴルフ練習場でもレッスンでポイントを教わっているので、急にスイングを崩す可能性が低く、必要以上にボールを打つことがないのです。

人によって違いますが、父や私のように自力での練習はゴルフレッスンを受けるよりもお金がかかる可能性があるのです。

自力であってもレッスンであってもかかるお金にあまり違いがないとすれば、断然ゴルフレッスンを受けるべきであると言えるでしょう。

ゴルフスクールのレッスンに興味をもった人はこちらの記事を参考にしてください。
徹底比較!!東京近郊ゴルフスクール11選

ゴルフレッスンは受けるべき? ゴルフレッスンのメリットデメリットからの考察 まとめ

<ゴルフレッスンのデメリット>
お金がかかる
上手くなるとはかぎらない
時間にしばられる
スコアに直結するとはかぎらない
コーチとの相性が合わないことがある
土日はレッスンを受ける人が集中しやすく予約がとりづらい可能性あり
ゴルフスクールの選び方がわかりづらい
<ゴルフレッスンのメリット>
身体を使ったスイングができる
上達が早い
スランプになりにくい
自分に合った道具がわかる
仲間ができる
短時間で基礎をマスターできる
足腰を痛める危険な打ち方になりにくい
疑問が早く解決できる
モチベーションが保ちやすい
仕事で活かすことができる
修正点や弱みを見つけてくれる
結論:自力で練習するよりメリットが多いのでゴルフレッスンを受けるべきである

naober
naober

ゴルフレッスンのメリットデメリットを確認することでゴルフレッスンを受けるべき理由がわかったと思います。

ゴルフはいろいろなシチュエーションでとても小さいフェイスにボールをあてなければならない繊細なスポーツです。
我流の道はとても険しくモチベーションを保つのがとても大変です。


ゴルフレッスンを受けることで安定したスイングを手に入れてゴルフを楽しみましょう。

ゴルフレッスンの選び方まとめ!!9つの参考にするべきことはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました