運動音痴の人にゴルフレッスンをおすすめする10の理由

運動音痴にすすめるゴルフレッスン レッスン

自分のことを運動音痴と思っていると、どうしても運動しない生活になりがちです。
そんな人に中には運動をしないと不健康になるから、運動音痴のわたしが楽しめる運動はないかと考えている人もいるでしょう。

そんな人の一つの選択肢としてゴルフを考えてみてはどうでしょうか。
ゴルフなんてやらなくてもジョギングや散歩で十分だと思う人もいるかもしれません。
しかし、ゴルフには運動音痴の人におすすめしたい理由や魅力があるのです。

ゴルフが上手になるためには自分で練習する方法とゴルフレッスンを受ける方法の2つがあります。
今回は運動音痴の人でも確実に上手くなっていけるゴルフレッスンの必要性についてお伝えします。

naober
naober

こんにちはゴルフブロガーのnaoberです。
私はゴルフなどのスポーツを30年近くやっていますが、小学生の頃、自分が運動音痴だと思っていました。
走るが遅く、球技をやっても年下に負けてばかりでした。

自分の運動能力の低さにさみしい思いをしていましたが、運動が好きだったので上手くいかなくても腐らずにいろいろな運動をしていました。


高校2年のある日、かなわなかった同級生たちと同じようなスピードで走れるようになり、球技をやっても互角に渡り合えるようになったりすることができるようになっていたのです。

運動音痴だと思っていた私が長い年月をかけて他の人と同じように運動ができるようになったのがとてもうれしかったことを今でも覚えています。

ゴルフは自分で練習してラウンド100切、90切までは順調でした。
しかしその先が続かず、自力でのレベルアップに限界を感じゴルフレッスンをはじめました。
最近はゴルフレッスンの成果が少しずつでてレベルアップを実感しているところです。

こんな私が解説をしていきます。

この記事を最後まで読むと運動音痴の人こそゴルフレッスンを受けるべき理由がわかります。
運動不足解消のためにどんな運動をするか悩んでいる人、ゴルフレッスンを受けてみようかと考えている人は是非参考にしてください。

運動音痴の人にゴルフレッスンをすすめる理由

運動音痴にすすめる理由


運動音痴の人は自分がゴルフレッスンを受けることで上手になるのかという不安があると思います。
しかし、本当にあなたは運動音痴なのでしょうか?

幼少期に自分は運動ができないと感じてしまうと運動に苦手意識をもち、その後、運動をしなくなる人がたくさんいます。
運動をしなければ、当たり前ですが運動が上手にできるようにはなりません。
運動音痴の人は運動ができないのではなく、運動経験が少ないだけなのです。

運動経験が少ない人、運動音痴の人が効率よく上手になるためにはゴルフレッスンを活用するべきだとわたしは考えています。

継続は力なり!! スポーツは人によって上手くなっていくスピードが違うだけ

継続は力なり


ゴルフにかぎらず運動は人によって上達するスピードが違います。
コーチの言い回しをどう感じるか、どう実践できるかによって上達のスピードがかわっています。
レッスンを受けたことを身体が覚えていて、次のレッスンにいかされるかによっても違ってきます。

運動神経が良い人が順調に上手になっていかないと、なんで自分だけ上手くならないんだ、レッスンが向いていない、コーチが合っていないなど悪い方向に考えてしまう可能性が高くなります。

しかし、運動音痴の人は、周りの人より自分が下手であっても当たり前だと思い、他の人を気にせずにレッスンを継続できるのです。

ゴルフに限らず、スポーツが上手くなるのに一番必要なのは継続してやることです。
焦って上手くなろうとしない運動音痴の人はゴルフレッスンが向いているのです。

運動音痴の人は運動能力が高い人に比べて自信過剰になりにくい??

自信過剰にならない


運動能力が高い人はゴルフレッスンを受けて自分が上手になってくると、自分はすごく上手になった、もうレッスンを受ける必要がない、自力でもっと上手くなれると思い、その時点でレッスンをやめてしまうかもしれません。

しかし、ゴルフの特徴として他のスポーツに比べてスランプになりやすい特徴があります。
今までまっすぐ打てていたのにシャンクがでたり、急に手が動かなくなりパターが打てなくなったりすることがあるのです。

そのため、自分のショットの特徴を知っている人が近くにいた方がスランプから早く脱出できる可能性が高いのです。
ゴルフレッスンに通っていれば容易なことです。

運動能力が高い人は上手くなってくると自力で何とかしたくなります。
第三者に意見を求めないため、スランプが長引く可能性があるのです。

一方、運動音痴の人は上手くなったとしても自力でもっと上手くなるとは考えません。
全体的に運動経験が浅いので他の運動と重ねて考えることができないので、逆にそれが良いのです。

運動音痴の人は多少上手くなっても自信過剰になることは少なく、コツコツとコーチに言われたことを実践できるのです。
また、近くにコーチがいるのでスランプになってもすぐに助けてくれるのです。

運動経験豊富だからといって上手くなるとはかぎらない

上手くなるとはかぎらない


運動経験が豊富な人は自分の経験したスポーツをベースにゴルフのスイングを組み立てることがあります。
例えば、テニスのフォアハンドはゴルフスイングに類似しているため、テニス経験者はゴルフの上達が早いと言われています。

しかし、何か運動をしていたからといって必ずしもゴルフが上手くなるとはかぎりません。
テニスのように類似性が高ければ上手くなる可能性は高いですが、類似しているところがなければ、以前に覚えた運動要素がゴルフスイングの邪魔をしてしまうこともあるのです。

運動音痴の人は運動自体の経験が浅く、他の運動の運動要素が身体に身についていない人が多いので、上達を邪魔するものがなく着実に上手くなっていく可能性が高いのです。

運動音痴の人は運動経験がないし・・・なんて悲観的にならずに、それがプラス要素であると考えてゴルフレッスンを受けるようにしましょう。

運動音痴の人は上達を実感しやすいのでモチベーションが保たれる

ゴルフレッスンのモチベーション
どんな運動も繰り返し練習をしていくことで誰でも少しずつ上手になっていきます。
急激に上手くなっていくのではなく、スモールステップで着実に上達していくのです。

運動がもともと得意な人は、ゴルフレッスンで急激なレベルアップを期待しがちです。
少しずつ上手くなっていってもそれに気づかないことがあるのです。
そのため、ちょっと上手くならないことが続くとモチベーションが下がりやすくやります。

運動音痴の人は運動があまり上手くいった経験がないのでちょっと上手くなっただけでも、とてもうれしく感じます。
ちょっと上手になったことを毎回うれしく感じることができれば、ゴルフへのモチベーションが保たれ、継続してレッスンを受けることができるのです。

運動音痴の人でもゴルフが上手な人は実在する

運動が上手な人がゴルフをやっているわけではありません。
接待のためにゴルフを始めたり、友達にすすめられて始めたりといろいろな人がいます。
運動ができるできないに関わらず、ゴルフをはじめている人はたくさんいるのです。

私の父親は野球をやっていてレギュラーになるくらい上手だったのですが、一緒にゴルフを楽しんでいる仲間は万年補欠で野球が下手くそだったようです。
しかし、今は立場が逆転、年齢を重ね、私の父は頑張っでも200ヤード飛ばすのが精一杯ですが、その人は250ヤード以上飛ばすことができるのです。
飛ぶだけでなく、スコアもよく競技ゴルフで活躍しています。

運等音痴=ゴルフが下手ではないのです。

運動神経が良くても下手な人はいる

わたしは、いろいろなスポーツをこれまでやってきました。
バレーボールやバドミントン、卓球やテニスなどをやりました。

バドミントンは経験0ですが、部活動でやっていた人に何度も勝つことができるレベルです。
卓球も部活動でやっていた人には負けません。
テニスは草大会で優勝しました。

わたしは人並み以上にいろいろなスポーツができる、いわゆる運動能力が高い部類だと思います。
しかし、ゴルフはそういうわけにはいきません。
全くボールが飛ばない父親によく負けています。
シャンクが出ると止まりません。
経験年数は長いのですがなかなか上手くならないのです。
運動神経が良い=ゴルフが上手ではないのです。

男性よりも女性は運動音痴?

女性は運動音痴

男性と女性を比べると女性の方が運動ができないと言えます。
例えばプロスポーツを例にとっても男性と女性ではレベルが全く違う競技が多いのです。
女性の方が有利で男性に勝つような競技はほとんどありません。
この例からも女性は男性より運動ができない運動音痴であることがわかります。

女性は男性に比べると運動音痴といえますが、ゴルフが上手な女性はたくさんいます。
小さい身体で一般男性並みの飛距離をだし、曲がらない正確なショットを打つことができる女性はたくさんいるのです。
運動音痴でもゴルフは上手になれるのです。

パットイズマネー50cmも250yardも1打

パットイズマネーという言葉を聞いたことがあると思います。
プロゴルファーはパットが上手だとお金を稼ぐことができるという意味です。
どんなにすばらしいショットが打ててもパッティングが入らないと意味がないのです。

50cmのパッティングを入れるのに運動能力は必要ですか?
運動音痴の人でもしっかりと教わってパッティングをすれば、他の人と同じ確率で入る可能性が非常に高いのです。
パッティングを例にとると運動音痴でも他の人と同様に上手くなっていくのが想像できませんか?

女子プロゴルファーが立証!!

女子プロゴルファーの中には、「私は運動音痴でゴルフ以外は何もできません。」
と言っている人がいます。
ゴルフにかぎらず、他のスポーツで秀でる才能を発揮している人の中にはそのスポーツはできるけど、他の競技は全くできないという人はたくさんいるのです。

一つのスポーツを究めているの人の中にはそのスポーツ以外の競技を全くやったことがない人がいます。
自分が上手なスポーツに費やす時間が多く、他のスポーツをやっている時間がないのです。

運動音痴でも継続してやっていけばプロゴルファーになれる可能性もあるのです。

ゴルフレッスンをきっかけに運動の継続を

ゴルフレッスンで運動の継続


運動音痴の人は運動に対して苦手意識が強いので、運動不足の人がたくさんいます。
運動なんてやっても上手くいかないし、上手くいかないからつまらないしと考えて結局重い腰が上がらないのです。

運動音痴の人が一念発起してゴルフレッスンを受ければ運動に対するイメージも変わり、運動を継続してやっていきたいと意識が変わっていくはずです。
ゴルフはそれだけ魅力のあるスポーツなのです。

ゴルフは身体への負担も少なく老若男女が楽しめるスポーツです。
ゴルフ場でラウンドをすれば10km程度歩くことになり、とても良い運動になります。

健康を維持するためには年を重ねていっても何らかの運動を継続して行うことが必要です。
運動音痴の人は継続して運動に取り組むライフスタイルに変化させていくために、ゴルフレッスンを活用してみてはいかがですか?

運動音痴の人にゴルフレッスンをおすすめする10の理由 まとめ

運動音痴の人にゴルフレッスンをすすめる理由
焦って上手くなろうとしない運動音痴の人は継続してレッスンするのに向いている
多少上手くなったとしても自信過剰になることは少なく、コツコツとコーチに言われたことを実践できる
他の運動の運動要素が身体に身についていない人が多いので、上達の邪魔するものがなく着実に上手くなっていく可能性が高い
運動があまり上手くいった経験がないのでちょっと上手くなっただけでもとてもうれしくモチベーションが下がらない
運動音痴の人でもゴルフが上手な人は実在する
運動神経が良くても下手な人はいる
男性よりも女性は運動音痴と言えるが男子よりも上手な人はたくさんいる
パットイズマネー50cmも250yardも1打 パターに運動音痴は関係ない
女子プロゴルファーが立証!!運動音痴でもプロになれる
継続して運動に取り組むライフスタイルに変化させていくためにゴルフレッスンの活用を
naober
naober

運動音痴の人は何も習ったことのないキッズと同じで上達の伸びしろがとても多くあります。


そのため運動音痴の人はとてつもないポテンシャルを秘めているのです。
継続してレッスンに取り組み、少しずつ上手くなっていきましょう。

ゴルフレッスンの選び方まとめ!!9つの参考にするべきことはこちらから

徹底比較!!東京近郊ゴルフスクール11選 はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました