ゴルフレッスンをジュニアやキッズにおすすめする9つの理由

ジュニアのゴルフレッスン レッスン

どんなことでも子供のうちから経験していると上手くなる可能性が高いことは皆さんも知っていると思います。
習字を習っていれば、字が上手に書けるようになります。
スイミングに通えば、いろいろな泳ぎ方ができるようになるのです。
ゴルフも同様でゴルフが上手くなる可能性が高く、それ以外にもたくさんのメリットがあります。
今回はゴルフを子供に習わせようと考えているあなたの疑問や知りたいことにこたえていきます。

子どもはゴルフレッスンで上達しますか?
ゴルフレッスンは子どもと大人のどっちが向いていますか?
子どもの習い事としてゴルフは向いていますか?
ゴルフを子どもからはじめればプロゴルファーになれますか?
ゴルフレッスンを受ければ小さい子供でもラウンドすることができますか?
ゴルフレッスンでメンタルを鍛えることができますか?
ゴルフレッスンは責任感を育むことができますか?
ゴルフレッスンはほどよい運動になりますか?
ゴルフはどんな人が楽しめるのですか?

naober
naober

こんにちは!!ゴルフブロガーのnaoberです。
私は高校時代から父親の影響でゴルフを始めました。
はじめは父に教わりながら、打ちっぱなしに通い、徐々に面白くなって1人で練習にいくようになりました。

ゴルフと同じころにテニスとスキーもはじめ、スキーやテニスはスクールでレッスンを受けました。
スキーやテニスの上達は早く、その後、コーチになりました。

ゴルフは我流だったせいか伸び悩み、年数を重ねても、良くて80台、悪くて100オーバーと安定しませんでした。
ゴルフスクールに通う知人にも抜かされ悔しい思いもしました。

現在は自分の子どもには苦労をしないで上手になってほしい、一緒にラウンドしたいとの思いからゴルフスクール通わせています。
まだまだ身体が小さいので遠くに飛ばすことはできませんが、着実に上達しています。


こんな私が解説をしていきます。

この記事を読むとジュニアやキッズにゴルフレッスンをすすめる理由がわかります。
子供とゴルフを楽しみたい人、習い事の1つとして考えている人は是非参考にしてください。

キッズやジュニアは伸びしろMAX

キッズは伸びしろMAX
大人はゴルフレッスンで上達しない可能性がありますが、子どもは上達しない可能性は極めて少ないと言ってよいでしょう。
大人はいろいろな運動を経験しているので、それが上達の弊害になる可能性があるのです。

子どもは全体的な経験値が浅いため、習ったことに対しての吸収力がとても高い

記憶の新しいところでは東京オリンピックでスケートボードの西矢椛選手が中学生にもかかわらず金メダルを取っています。
ゴルフ界でいうと石川遼選手が若干16歳でプロのトーナメントで優勝しているのです。

もちろん、才能もあるとは思いますが、プロレベルに達しないまでも、子どもは大人に比べると伸びしろがとても大きいことがわかります。

ゴルフはバレーボールやバスケットボールのように手元でボールを扱うのではなく、クラブという長い棒の先にあるフェイスにボールをコンタクトしなくてはならないので難しく感じる人もいるかもしれません。
しかし、子どもはそんなことは考えないし、考えることもできないのです。

ジュニアやキッズは、運動面の伸びしろが大きく、思考の伸びしろも大きい

いろいろなことについて伸びしろが大きいことがゴルフ上達の要因になっているのです。

ジュニアやキッズは素直

素直な子供
子どもの中には素直ではない人もいますが、大半が素直に人の意見を聞くことができます。
特に自分の経験していないことについては、相手が言った言葉を素直に受け入れ、それを真摯に実行できるのです。
一方、大人は自分がやったことがないことでも、人生の経験値が高いので、潜入観や入ってくる情報が邪魔をして、素直に聞き入れられないことがあります。

子どもは疑いもせず、他の情報も入れようとしないで、コーチに言われたことを素直に受け入れ、実行できるのでゴルフレッスンに向いている

身体も大人より子どもの方が素直に動きを受け入れることができます。
大人はいろいろな運動をやったことがあるので、その運動の動きがゴルフの正しい動きを邪魔することがあります。

例えばテニスのサーブはボールを打つ時に手首を内転してボールを打ちます。
しかし、バレーボールは手首を内転する上手く手のひらでボールをミートすることができません。
両方を使い分けるのはとても難しく、テニスのサーブが上手に打てる人はバレーボールを手のひらでしっかりミートすることができないのです。

子どもは運動経験が浅いので、他の運動要素がゴルフの動きを邪魔する可能性が極めて低く着実に上達する

習い事の1つとして向いている

習い事
子どもの習い事にはビアノや水泳などいろいろなものがあります。
ピアノは音感を育て、水泳は負担の少ない全身運動でバランスよく身体を鍛えてくれます。

ゴルフは全身を使ってクラブをふるので良い運動になる

雨であってもレッスンが中止になることはないので継続してレッスンを受けることもできます。
コロナ渦であっても半屋外で行うスクールが多いので感染対策に問題はないのです。

また、半屋外でも暖房があるので冬でも震えるほど寒くはありません。
ゴルフレッスンの料金は他の習い事と同程度です。

ピアノや水泳に匹敵するくらい習い事に向いている

プロゴルファーになれるかも

プロゴルファー
前段でもお伝えしましたが石川遼選手は若干16歳でプロのトーナメントで優勝してプロ宣言をしてプロゴルファーになりました。
その後、日本の賞金王になるなど、活躍はみなさんご存じのとおりです。

女子では宮里藍選手が高校生で史上初のプロゴルファーになりました。
活躍の場を世界にうつし、世界ランキングで1位になりました。
2人の共通点は幼少期からゴルフをやって、めきめきと上手くなっていったところです。

2022年4月現在、日本の女子プロゴルフ界はとても盛り上がっていて、国内だけでも賞金が高騰しプロゴルファーとして賞金だけで十分に生活していくことができるのです。
女子スポーツ界、それも日本レベルで大会賞金だけで生活していけるのはゴルフだけといっても過言ではありません。

世界レベルといったらハードルはかなり高くなりますが、国内レベルであれば、そこまでハードルは高くありません。

子どものうちからゴルフをやっていればプロゴルファーになれるチャンスがある

親子でゴルフを楽しめる

子どもにゴルフを習わせたいと思っている人の多くは自分もゴルフをやっている人が多いのではないでしょうか。
子どもが小さいうちは夫婦でゴルフに行きたくても、なかなか行けないものです。
ゴルフは野球やテニスのように短時間で終わるスポーツではなく、1日をかけて行うスポーツなので、子度と一緒にラウンドできれば、家で待つ子どもの心配をしないで存分にゴルフを楽しめます。

それを実現するためには自分の子どもを小さいうちからゴルフスクールに通わせることです。

小さい子どもでもある程度ボールが打てるようになれば一緒にラウンドできる

私自身、子どもをゴルフレッスンに通わせて小学校をあがって間もない年齢の子どもをゴルフ場に連れて行って一緒にラウンドしました。
多少、子どものことが気になりましたが十分ゴルフを楽しめました。

部活動に直結するようなサッカーや水泳などのスポーツは学校段階になると親と一緒に楽しむのではなく、同年代の人たちと一緒に練習をしたり試合をしたりするのが一般的です。
しかし、ゴルフは学校段階の年齢になっても部活動が少なく親子で一緒に楽しめるスポーツです。
年を重ね思春期になってもゴルフを通じて会話ができ、円満に家庭生活を営む手立てとなるのです。

夫婦+子どもでゴルフに行きたい人は、子どもの習い事の1つとしてゴルフを選択する

気持ちのトレーニングができる

気持ちのトレーニング
ゴルフは他のスポーツと違った特性をもっています。
他のスポーツはレベルアップしていくと、ミスが少なくなり、プロレベルになるとほとんどミスというミスがなくなります。
しかし、ゴルフはどんなレベルであろうともミスがつきものです。

ゴルフはミスをした後に、いかにしてリカバリーできるか、いかにして平常心でいられるかを問われるスポーツ

それは経験の少ない子どもであっても同じです。
自分の責任の下、自分で判断して次のショットを打たなくてはなりません。
また、他のスポーツの審判は他者ですが、ゴルフは自分自身が審判なのです。
ルールに反したか否かを自分でジャッジして自分で申告するのです。
1つのホールで何打打ったかも自己申告なのでフェアプレーが問われます。

ゴルフを学ぶと気持ちのコントロールや責任感を育むことができる

社会性が身につく

ゴルフのラウンドでは一緒にプレイしている組の人たちへの気遣いだけでなく、前の組や後ろの組のことも考えてプレイしなければなりません。
自分のプレイだけでなく、いろいろな人のことを考えながらラウンドする必要があるのです。
他のスポーツでここまで、目配り、気配り、心配りが必要なスポーツはあるでしょうか?
私の経験ではゴルフ以外にはないと思います。

ゴルフのラウンドでは前の組に対して打ち込まないように配慮したり、プレイの進行が遅れないように配慮する必要があります。
自分の組の人たちに対してはプレイが遅くならないようにボールが曲がったらすぐに探しに行ったり、グリーン上では相手のラインを踏まないように気をつけたりしなくてはなりません。
後ろの組に対しては、自分たちの存在をしっかりアピールして打ち込まれないように気をつけたり、プレイが遅くなりすぎないように注意したりする必要があるのです。

ゴルフは自分のプレイ以外にもやることがたくさんあります。

子どものうちからゴルフを習い、ラウンドをすることによって大人でもできないくらいの社会性を身に着けることができる

良い運動だけど過度な運動にならない

習い事のところでもお伝えしましたがゴルフは子どもたちにとってとても良い運動になります。
ゴルフ練習場のレッスンでは重たいゴルフクラブを何回もふらなくてはなりません。
ラウンドに出ればゴルフクラブを何回もふりつつ、10km以上歩かなくてはなりません。
そのため、運動量はかなり多いスポーツなのです。

しかし、他のスポーツに比べると過度な運動ではありません。
例えば体操競技は過度に筋力をつけるため、身長があまり伸びなくなってしまいます。
水泳は全身運動で一見健康に良さそうですが塩素の入ったプールで毎日泳ぐので髪の毛の色が抜けるのです。

ゴルフは適度な運動なので、身体への負担が少ない

プロスポーツでは太っていてトップレベルでプレイできるのは相撲とゴルフぐらいです。
相撲は違った意味で太っていますが、ゴルフはプロレベルであってもそこまでハードではないので太っている人がいるのです。

また、老人でも楽しくプレイができるので身体に優しいことがわかると思います。
適度な運動は身体によいですが、過度な運動は身体によくありません。

運動の一環として取り組むのにゴルフは最適なスポーツ

生涯スポーツに最適

ゴルフ仲間

ゴルフは老若男女が楽しめるスポーツです。
ゴルフはサッカーやラグビーなどのハードなスポーツとは違い、足腰が動けば、80歳になっても90歳になっても楽しめるスポーツです。

子どものうちからゴルフをやっていれば、長年にわたりゴルフを楽しむことができる

中学生や高校生で友達とゴルフに行くことはないとは思いますが、大学に入り社会人になればその機会も増えます。
ゴルフは社交の場として健全で親しみやすい遊びです。
最近は若年層を取り入れるためにコスパよくラウンドできるゴルフ場が増えています。
中古ゴルフクラブ市場も盛り上がりをみせているので、クラブもコスパよく手に入れられるのです。

ゴルフは身体への負担が少なくコスパよく少人数で楽しめるので生涯スポーツに最適

ゴルフレッスンをジュニアやキッズにおすすめする9つの理由 まとめ

ゴルフレッスンを子どもにすすめる理由
キッズやジュニアは伸びしろMAX
ジュニアやキッズは素直 経験が浅いので身体も考え方も情報を吸収しやすい
習い事の1つとして向いている
プロゴルファーになれるかも 若くしてプロゴルファーになる事例が多数あるのでチャンスあり
気持ちのトレーニングができて社会性が身につく
生涯スポーツに最適 体に負担が少ないので老若男女が楽しめる

naober
naober

子どものゴルフレッスンは将来に役立つことがたくさんあります。
子どもの習い事の1つとしてゴルフレッスンを考えてみてはいかがでしょうか。

徹底比較!!東京近郊ゴルフスクール11選 ※子ども向けあり はこちらから

ゴルフレッスンの選び方まとめ!!9つの参考にするべきことはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました